2つ以上は頑張らない。

「やりたいことを見つけたのに、好きなことをしているのに、やる気が出なくて続かない…」

そういう人には、 ある特徴があります。

その特徴を説明するため、 ある心理学の実験を、紹介したいと思います。


その実験の内容とは?
そして、やる気が続かない人の共通点は?

というわけで今回は、 「2つ以上はがんばらない!」
□チョコクッキーを我慢するとやる気が出ない
ロイ・バウマイスターの実験で、 こんな面白いものがあります。

お腹を空かした学生たちを、2つのグループに分けます。

一つのグループには、チョコクッキーを食べさせます。

そしてもう一方のグループは、チョコクッキーを我慢させて、野菜を食べさせます。

お腹減っているのに、チョコクッキーを我慢、しかも代わりに野菜…。

あまりにも無慈悲で、かわいそうな実験です。

その後、どちらのグループの学生にも、難しいパズルに挑戦させます。

どれだけ根気強く、パズルに挑み続けられるかを、測定しているのです。

なんとその結果は…


チョコクッキーを我慢させられた、野菜グループの方が、すぐにあきらめてしまいました。

しかも、強い疲労感があったそうです。

つまり、チョコクッキーを我慢することで、すでに精神力を使っていた。

だから、パズルの時には、すでに精神的に疲れていて、気力が残ってなかったのです。

そのせいですぐに、やる気がなくなってしまったのですね。

チョコクッキーの我慢と、
根気よくパズルをする。どっちもは無理。

いくつもの目標を、同時にがんばることは、人間には無理なんですね。


好きなことを仕事にする人は、成長欲求が強い人が多い。

夢や目標を持つと、他の分野のことに対しても、成長欲求が強くなるようです。

それだけ夢や目標を持つ人は、上昇志向で向上心が強いです。

でも、成長欲求が強すぎて、目標を抱え込んでしまい、上手くいかなくなる。

そういうケースも多いです。

「技術の勉強をしながら、ダイエットも頑張る…。成功者はみんな運動してる。だからジョギングも始めよう。それにお酒も減らそう。そして、もちろん、今の仕事も手を抜かない…」

僕たち人間には、やっぱり限界があります。

同時にいくつもの、叶えたい目標を抱えこみ、心がいっぱいいっぱいになる。

そしてしばらくすると、「もう無理…。これ以上、がんばれない…」

と、やる気がなくなってしまうのです。

夢や目標を叶える。
やりたいことを仕事にする。

それは本当に大変なこと。

それだけで十分に、精神力を使い果たすもの。

そこに他にも、いろんな目標を詰め込むと、誰だってパンクしてしまう。

チョコを我慢した後は、
難しいパズルを解くやる気は起きない。

それと同じなのです。


だから、
一つがんばったのなら、
一つ自分を甘やかす。

いくつも目標を持たずに、一つだけがんばってみる。

その方がやる気は続きます。

そして、長く続けることができる人が、最後は結果を出すのです。



いくつも目標を持たない。

大切な目標一つだけに、絞ってみませんか?


☆ポイント

★いくつも目標を追うと、いずれやる気がなくなる!

★大事な目標一つに絞る!

★ほどほどが一番!

★目標が続く人は背伸びがない!