上手な理美容師とは…



某安いカット屋さんでカットされたお客様が来店されました。
変な髪型にされたと…今回は修正でした、上手な理美容師さんとは?と聞かれたので。


そこで、上手な理美容師とは…
お店によって、「上手な技術者」の定義が違います。 通常、料金の安い理美容室ほど 「上手=早い」 となります。

通常、料金の高い理美容室ほど 「上手=再来店率が高い」 となります。

そのお客様の担当した方のカットは速度が速かったはずですから、見習いが切ったのではなく 「上手な理美容師」が切ったと思います。

ただ、ニーズに合っていないだけです。
ヘアスタイルのカッコよさや、似合う似合わないで決めるなら、「安さで勝負」している理美容室に行くのは選択ミスです。


例えば、飲食業で安いお店と高級なお店。

僕は高級なお店の方が美味しいと思います。

人それぞれ好みも求めるものも違います。

合う人もいれば合わない人もいます。

求めるモノが高ければ高いほど金額も当然高くなると思います。